全ては角度?春の庭と姫子さん
2015 / 04 / 09 ( Thu )
自分の写真がいつも似たり寄ったりになってしまうなぁと落ち込んでいたら友人にこう言われました。

「写真は悪くないんだけど問題は角度なんだよ」って。角度気をつけていたつもりだったんだけど・・・

お迎え翌日も良いお天気だったので、久しぶりに朝日の中で色々と角度を変えて撮影してみました。

気付いたら150枚以上撮影していました。刻々と変わる日差しが作り出す影の変化が凄く面白くて。

その中で絞りに絞り込んだ(?)写真をアップしたいと思います。気が向いたらスクロールして下さい。


2 logo

朝陽の柔らかい日差しは夕方の写真とは違って、ほんわかした感じがします。







7 logo

聖母マリア様のようなイメージでポーズをつけてみましたよ♪







6 logo

草履をはいた足元にも朝の光が差し込んでいます。







9 logo

姫子さんは色白肌なので、鼻を映し出すのが難しかったです。







10 logo

こんな角度はいかがでしょう?スタンドなしで立っている様に見えるかな??自宅の庭だから出来るトリックです。w







12 logo

本当に綺麗なお顔です☆☆☆後ろのボケの花がいい具合にボケてくれてます。笑







15 logo

少し角度を変えるとまた違った表情になる姫子さん❤







16 logo

この着物と帯の配色がとても好きです!!マニキュアの色もピッタリですね!!!







28 logo

今度はまた少し場所を変えての撮影★スコップを持っての移動です。www 姫子さん少し眩しそうですね。







29 logo

この位置からだと光の当たり具合で鼻が浮き上がって見えますね♪







31 logo

早朝ですが、少し風が強くなってきました。袂がなびいているのでわかりますよね。







33 logo

また場所を変えて、今度は真横から横顔を撮影してみましたよ。







34 logo

またまた場所替え。チューリップの前に立ってもらいました。まだ花は咲いていませんが・・・f(^^;)







35 logo

顔は影になっていますが、微妙な凹凸は映し出されていますね。







36 logo

今度は水仙の前で撮影。姫子さんには少しポーズを変えてもらいました。あれ?さっきのも水仙かな??←







37 logo

何だか盆踊りでも踊っているかの様です。ww 姫子さん文句も言わず色々とポーズしてくれます。w







38 logo

更に風が強くなって来ましたが庭の隅でも頑張って立ってもらいました。







40 logo

家に入る前に花を眺めている姫子さんを撮影しましたよ。







41 logo

最後にもう少し寄りで1枚☆可愛らしさの中にも気品漂う美しい姫子さんなのでした。(*^-^*)v







☆おまけ

風ニモ負ケズ・・・

39 logo

意志の強さを見せてくれているかの様に強風の中倒れずに立つ姫子さん!私も彼女の強さを見習いたいです。




★前日に振袖rurukoを買えなくて落ち込んだまま朝を迎えてしまい、朝陽に誘われ撮影をする事に。
何とか着物と草履でも自立出来ないものかと考えていたら急に良いアイディアが浮かんだので・・・w
今回はプーリップのスタンドを使っています。帯の下(着物の上)にスタンドの支えを差し込みました。
100均で買ったコルクボードをスタンドよりやや大き目に適当にカットしてスタンドの上に乗せました。
あとはスコップで庭の土を掘りコルクの上に平らになる様に乗せ自然に見える様に撮影してみました。
準備と撮影に2時間くらいかかりましたが、その間はrurukoの事を忘れて楽しい時間を過ごせましたよ♪
その後また思い出して落ち込みましたが・・・そして、その日一日睡眠不足でヘトヘトになりましたぁ!w
撮影後に思ったのですがスタンドの土がかかる部分は全体的にラップで巻いた方が汚れなくて良いかも。
土の重さで、ある程度の風なら(内心ビクビクしてましたが)倒れずに撮影する事が出来ました。(*^-^*)v



※ブログへの訪問ありがとうございました❤最後までご覧頂き感謝しています。m(_ _)m


Related Entries

Topic:ドール - Genre:Hobby

09 : 15 : 15 | momoko | Trackbacks(0) | page top
Trackbacks
Trackbacks URL
http://princesstulip.blog.fc2.com/tb.php/573-fbc1ce81
Use trackback on this entry.
| HOME |